マツエクしてるならクレンジング選びが大切

マツエクはクレンジングを変えて長持ちさせよう

マツエクはここ何年かで数え切れないほどのお客様がスタートしています。付け睫毛派とマツエク派に分類されます。マツエクは会社勤めしている女性に人気があるようですが、何にも増してめまぐるしく働く奥様たちの間でここ最近はすごい人気が出てきています。しかしながら、マツエクはひとたび装着したら永遠にくっ付いているものじゃないのがマイナス点。マツエクは、どれだけ長持ちしても1か月前後でしょうが、中には、約2か月もたせる方もいらっしゃいます。そういうふうな方のようにマツエクを長持ちさせるには如何なるポイントがあるのか?私の周りにも実際にマツエクを3ヶ月近く長持ちさせる人がいるので、尋ねてみてトライしたところ、1か月だった私も自己最高1か月と3週間…もう少しで2か月ということなんですがもたせることが出来ました。その秘策は「オイルフリーのクレンジングを使うことです。」オイルフリーのクレンジング!代表的な商品といえば、マツエクOKのラチュールや、マナラホットクレンジングゲルですね。オイルクレンジングはクレンジング剤の中でも一番洗浄力が高いタイプのクレンジングなんです。基本まつ毛エクステンションはグルーと言われている、ボンドでまつ毛に無理やり付けていますから、溶けやすくなっていくというわけです。逆に水溶性のクレンジングの方がマツエクには、使い勝手が良いというわけです。油分を含んでいないということは、水をベースにしているクレンジング剤になりますから、化粧を落とすのに、オイルクレンジングと比較して圧倒的に時間を要するはずです。濃いメイクをしている場合も、落ちないこともあるかもしれません。マナラなら大丈夫だとは思いますが。時間は掛かりますが、手一杯な朝に時間のかかるマスカラを使ったの化粧をする代わりに、まつ毛エクステをして、日々の化粧をする時間を削減していらっしゃるのですから、メイク落としの時間は割り切ってあせらずに丁寧に汚れを落としましょう。オイルフリークレンジングは、マツエクだけでなくて、肌に対しても優しいのでお勧め。多少料金は掛かりますが、マツエクユーザーはクレンジングを変えてみるのが良いですよ。私が使ってみて、実際に長持ちさせる事ができた、人気のマツエククレンジングはコチラ。少しズボラな方がマツエクを持ちさせるにはオイルフリークレンジング以外にも綿棒を用意することをお勧めします。綿棒を使う事によって、擦らずに細かい汚れを落とすことができるようになります。

TOPへ